TOP PAGE > 遡及日とは

遡及日とは?

損害賠償請求ベースで引き受ける場合に、通常「遡及日」を設定します。損害賠償請求ベースの引き受けにおいては、保険期間中の被保険者に対して損害賠償請求があった場合を補償するために請求の原因となった事故(身体障害または財物損壊の発生または損害賠償請求の原因となった行為等)について、ある特定の日以降に発生したものという限定を設ける必要があります。
この特定日を「遡及日」といいます。

 なお、遡及日とはあくまでその日以降の事故発生について損害賠償請求を受けた場合という限定をするためのものであり、海外PL保険等の生産物を「製造した日」もしくは「引き渡した日」が遡及日以前であってもかまいせん。


会社役員賠償保険(D&O)は、初年度契約の保険期間の開始日より前に行われた行為に起因する損害賠償請求を保険の支払いの対象としておりません。(免責) 特約を付帯して初年度契約の保険期間前に行われた行為による損害賠償請求を補償できるようにします。

なお、損害賠償請求ベースの保険でも例えば、司法書士等の専門職業人賠償責任保険では、特に遡及日を設けていないものもあります。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る

TOPページへ サイトマップ