TOP PAGE > トリガーとは

トリガーとは?

賠償責任保険普通約款では「保険期間中に他人の身体の障害または財物の損壊が発生したこと」が保険の発動要件となっております。
この保険の発動要件を「トリガー」と呼んでおります。


1、事故発生ベース
施設賠償、国内PL、受託者賠償、請負人賠償、自動車管理者賠償等は、通常、事故発生ベースで引き受けをされております。

2、損害賠償請求ベース
「保険期間中に被保険者に対して損害賠償請求が提起された」ことを「トリガー」とするものです
役員賠償、海外PL、協議会PL、企業包括賠償保険、弁護士、司法書士、公認会計士などの専門職業人賠償保険などが主な損害賠償請求ベースをトリガーとしている保険になります。

3、発見ベース

医療過誤の場合には、長期にわたる診療のなかで、患者の身体の障害がいつの時点で発生したのかどうか判然としないこともあり得ますので医師賠償保険では「「保険期間中に事故(患者の身体障害)が発見された場合に限り」損害を補償するとしております。
(発見ベース)

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る

TOPページへ サイトマップ